江戸っ子ネコのしゃかりきメモ。-6.20

基本的には支離滅裂な駄文と本人にしか分からないような日記。たまにはいい事を言うかもね。

【本】人生の後半をひとりで生きる言葉:曽野綾子/著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生の後半をひとりで生きる言葉 [ 曽野綾子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/8時点)

  

私にはまだ分からないこともたくさんありました。

 

けれど、序盤から、号泣して呼吸ができなくなったところも少しありました。

 

 

そういうふうに読む本ではないと思うのですが、自分の心構えとか、律し方(?)←こんな言葉あるの?

 

そういうものを確認できる本な気がします。

 

短い文章が大きい文字で半ページずつ書いてあるので読みやすく、

 

後ろ向きな言葉でなく、

 

「ああ、ひとりで生きるということは、こういうことでもあるんだな。」

 

と、気が付けることなので、

 

 

歳と共に重ねる精神的な自立とはこういうことなんですよ〜

 

と、教わっている感じで読めました。

 

 

また10年後に生きていたら、読みたい本です。